--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.21

違反者講習に行ってきたよ。

昨日、違反者講習に行ってきた。
私は社会参加活動コースを選択したので
帽子、長袖シャツ、タオルなど日焼け対策ばっちりででかけた。

講習会はどんなこわいところだろうと、ビクビクしながら行くと
初老の優しそうな教官が今日の流れについて説明。

まず、簡単なペーパーテストで私の安全運転度を調べる。
この結果は午後の反省文を書く頃には戻ってくる。
そのあと
機械を使った制止視力検査、動体視力検査、夜間視力検査の後
運転の適性検査を行う。

その後、社会参加活動コースは部屋を移りビデオを30分弱見る。
見終わると表に出て、軍手とゴミ袋とカナばさみを渡されて
免許センターの周りを30分程度清掃活動。
この場所は、その日によって違って、車で遠くまで出かける場合もあるそうです。
今日はたまたま学校の近く。

お昼休憩1時間後90分の座学。
また社会参加活動コースは部屋を変わってビデオを見る。

その後、反省文を書きます。

その反省文を教官に提出しながら
書かれたことについて色々質問を受け
二度と事故、違反をしないよう諭されます。

今回は私の不注意で他人様を傷つけるという結果になってしまいました。この違反者講習を受けると言うことで、行政処分的には点数がゼロに戻りますが、ともすると大事故に繋がりかねない状況でした。事故を起こしてしまったという事実を忘れずに安全運転に努めたい。と言うような内容の反省文を書いてきました。

この反省文、全然書いてない人もいるんだよね~
特にない人は書かなくても良いですって教官はおっしゃってたけど・・・社会参加活動の方も、色々思うことはあったと思うんだけどなぁ。
私の前に座ってた女性はとても人なつこい人で、いろんな人に話しかけて楽しそうに過ごしていたけど、反省文の内容を聞いてたら私と同じ人身事故だった。
・・・なんで笑ってられるんだろう。
なんで反省文書かないで提出できるんだろう。
なんでガムかみながら受講できるんだろう。
なんで居眠りなんてできるんだろう。

いろんな教官のお話の言葉の端々から
二度とここへ来てはいけないよって、
メッセージを感じなかったのだろうか。

今回の違反者講習は、実車32名、社会参加21名の合計53名。
免停の方の行政処分講習は100名近くの受講者がいたそうです。
私の適性検査の結果

 ※評価値の1・2は要注意


▼反応速度の速さ
 ・連続緊急反応検査 5

▼適度な精神緊張の維持
 ・連続緊急反応検査 3
 ・弛緩反応(連続緊急反応) 4

▼動作の確かさ・見込み反応
 ・焦燥反応 1

▼注意の配分/認知・注意の集中分散
 ・反応速度(速報警戒検査) 5
 ・バランス(ハンドル操作) 4

▼状況処理の巧みさ
 ・ハンドル操作検査/節約率 4
 ・ハンドル操作検査/節約率 4
 ・操作の早さ 4

▼総合判定 4

『総合所見』
あなたは行動機能に優れており、良い運転ができると言えます。自動車の安全運転には、認知・判断能力と動作機能のバランスのとれてる事が必要です。例え遅れ目の動作であっても、対応、処置はその時の状況に合ってないといけません。反応速度のはやすぎはむしろ邪魔と言えます。体調を崩していたり、気がかりなことがある時と行動バランスが崩れます。運転に際しては、心身を良くコントロールしておくよう心がけてください。

・・・まさにドンズバ。
事故を起こした時、忙しさがマックスだった。
仕事も、役員も。


午後のビデオは交通事故被害者の遺族のドキュメンタリーだった。
小学校に入ったばかりの次男を亡くしたお母さん。
幼子を残して自損事故でご主人を亡くした奥さん。
奥さんとお嬢さんを亡くした幼子を男でひとつで育ててる旦那さん。 ←わかる人はわかる

涙が止まりませんでした。


木曜日に検察に呼ばれています。
そこで処分が決まります。
悪質な事故&運転者と判断されると起訴になり略式裁判の後罰金刑になるそうです。
被害者の怪我の重さが判断の決め手になるそうで
まだ通院してるので私は起訴は免れないかもしれません。
・・・派遣でいくら休んでも平気なんだって(泣)
がーーん。

でも、怪我の状況伺いの時検察に呼ばれた話をしたら
嘆願書を書いてくれました。

この事故は小雨の中、かささし運転、右側通行で自転車を運転してたので、お互いの不注意による事故です。私は加害者に刑事罰を望んでいません。寛大な処分をお願いします。
みたいな内容で。
どのくらい効果があるかはわからないけど
私がもっと注意を払っていたら
被害者がかささしていようが右側走っていようが
事故は起きなかった、という事をしっかりと認めて
反省の意を申し述べてきたいと思います。

頭来るのが保険会社。
一回も進捗状況連絡くれないのー。
パンダのあそこ。
絶対更新してやらない。
電話で文句言ったら、夏休みとっていたのですみませんだって。
しかも、書類が今手元にないので返答ができませんって・・・
全然被害者に電話してないんじゃないの~?
打撲なんだよ。打撲。
打撲で事故後1ヶ月と1週間、毎日医者に行くか?
言葉は悪いけど、休業補償がもらえる、慰謝料ももらえる、休みは大丈夫、だから医者に通ってると考えられなくもない。
それで私の罪が重くなるって・・・(涙)
イヤ、ホントにひどい打撲だったのかもしれないと思おうと何回も思うんだけど・・・
むち打ちとかならわかるんだけど
打撲で1ヶ月経ってもまだ直らないって(保険会社は言う)

被害者に嘆願書書いてもらう時
もうそろそろ平気って言ったんだけど・・・
保険会社連絡してないとしか思えない。
だから進捗も報告できない。

そこら辺の交渉って保険会社次第なんだろうが
「被害者が接骨院に通ってるんで、そうすると通院期間が長くなるのが普通なんですよね~」って平気な口調で言うんだよ。
「怪我の重さで刑事罰が決まるって事ですがそうすると私は起訴は免れませんか?」って泣きたい気分で聞いたら、たった一言「そうですね」だって。

これって普通なの?





スポンサーサイト

日々つれづれ
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

お客様あっての商売やろ、と思うのに、
お客さん(私ね)がお盆休み4日間で働いてるのに
機械メーカーもソフト管理会社も1週間休み。
この姿勢改めんと全部外国の企業に
仕事持っていかれるぞ~v-532
恨み言の一つでも言いたくなる今日この頃。
めぐみママさんも色々大変と存じますが、
お互いキレずに頑張りましょう・・・

ぺぐみダンナ(爪切り役):2007/08/22(水) 11:02 | URL | [編集]

めぐみママさん、暑い中、お疲れ様でした。
こんなに真摯に受け止め講習に参加しているママさんなのに…相手の人だけでなく保険の人もひどいのですね。

Junko:2007/08/22(水) 23:41 | URL | [編集]

こんちは
返信が遅れて済みません

ほんとね~
アメリカナイズされていくのなら
サービス面でもしっかりと影響されて欲しいものです。

悪いところばかり右にならえじゃ困るわ!
まじで。

めぐみママ  →ぺぐみダンナさん:2007/09/13(木) 14:27 | URL | [編集]

いつもありがとう
junkoさんからコメント頂くと元気が出ます。

元はと言えば私が蒔いた種なんです。
事故現場通るたびに
何回見ても自分の不注意が悔やまれるんですが
ここまで出ていて前を通ろうとしたなんて無謀だなーとか
被害者の方の言葉を色々思い出しちゃっます。

車とぶつかったのは初めてなんです~
いつもは壁とか電信柱とか動かないものだったんで~
・・・何回考えても
私動いてないんだよねーーーーー
それで前歴が残ったりするのって納得ができない感じ。

めぐみママ  →junkoさんへ:2007/09/13(木) 14:32 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。