--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.14

老いるということ

今年95才になる祖母が先月入院した。
頭のなかにできた血腫をとりのぞく手術のために。


手術は成功し今月始めには退院予定だったが、入院中に持病の心臓と腎臓の働きが悪くなり、肺に水が溜まってきたため、退院はおろか、延命措置をするかしないかの決断を…
と言うところだという。

いつ容態が急変するかわからないため、本日急遽お見舞いに行ってきた。
場所は私が産声をあげた川崎の市民病院。

祖母はナースステーションの真ん前の病室に寝ていた。4人部屋のうち3人は身体中に機械が取り付けられ何種類もの点滴がぶら下がっている。
そんななか祖母は静かに眠っていた。

私の顔を見ると小さく頷いた。私が手を振ると祖母も手を振る。
父が「誰だか分かるか?」と聞くと、小さいながらもはっきりと「めぐちゃん」と、名前を呼んでくれた。
しばらく病室で過ごし、また来るからねと手を握ると、思いの外力強く私の手を握り、涙をひとしづく流した。

帰りの車のなかで母が
「おばあちゃんは老いるということをめぐちゃんに見せてくれてるんだね。今を大切に生きなくちゃダメよ。」
と、静かに言った。


スポンサーサイト

日々つれづれ
トラックバック(0)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

こんにちは。
私にも母方に、めぐみママさんのおばあさんと
同年齢のおばあちゃんがいます。
めぐみママさんのおばあちゃんご高齢なのに
かなり大変な手術を受けたんですね。

とても人事とは思えず・・・

私にとっておばあちゃんはかけがえのない存在。
ずっとずっと長生きして欲しい。
うちの子たちの子供も見て欲しい。
世界一くらいになって欲しい。

うちのおばあちゃんもめぐみママさんのおばあさんも
長い人生色々なことがあったでしょうね。
本当に尊敬できる人ですね。

現在は大変な状態なんですね・・・
それでも退院できる日が来て欲しい!!
と、切に願います。


ブービー:2007/02/15(木) 10:21 | URL | [編集]

来週私の祖母の1周忌です。
94歳まで生きて大往生でしたが、
お通夜の晩も葬式の帰りの車の中でも
私は泣いていました。
(まあ涙腺が緩過ぎるのが原因ですが)
良い思い出ばかりを残してくれた
祖母には本当に感謝しています。

前後して(多分)いよいよ出産です。
生きることって本当に凄いことだと
思う今日この頃・・・。

ぺぐみダンナ(今月中??):2007/02/16(金) 18:53 | URL | [編集]

延命措置の問題
小論文の問題にもよくなるんだけど、おもーい問題だと思う
採点する方達はどのようなところに重点を置いて点をはじき出すのだろうか?疑問。
生きてて欲しい
ずっとずっと生きてて欲しい
ずっとずっとずっと生きているものだと思ってしまう

けーちん:2007/02/21(水) 07:49 | URL | [編集]

ブービーさんのコメント読んでたら泣けて来ちゃった。

私はね、一緒に住んでなかったんで
それほどおばあちゃんに思い入れはないつもりだったんだけど
やっぱ、もうダメかもって聞くと悲しくなる。
すごく元気なおばあちゃんでね
嫁である母が結構いびられてるのも見ちゃったり、
孫である私たちの一挙手一投足で
母の評価が変わるかも・・・と思うと
おばあちゃんの前では気が抜けなかったな~
コメの研ぎ方で説教されたの今でも覚えてる。

なんかね
私たちがお見舞いに行ってから急に元気になって
身体状況が正常に戻ってきたんだってよ。
もしかしたら・・・退院も出来るかもって。
人間の体ってすごいねぇ。

めぐみママ  →ブービーさんへ:2007/02/22(木) 09:24 | URL | [編集]

ああ、もう一年になるんですね。
時間が経つのは早いですね。
そして、ぺぐみちゃんはもうすぐ・・ですね!
どきどきするなぁ ←何故にアタシが・・?

おかげさまで祖母は持ち直してきたようです。
ホントに人間ってすごい!

めぐみママ  →ぺぐみダンナさん:2007/02/22(木) 09:40 | URL | [編集]

延命措置について、昨日新聞に載ってたけど
家族の同意があったら外すことが出来るようになるんだって?
そこら辺の判断って難しいね。
生きてて欲しいよね・・・
あたたかい体で、そこにいて欲しい。
それがエゴだとわかっていても・・・
私もそう思ってしまうと思う。

めぐみママ  →けーちんさんへ:2007/02/22(木) 09:41 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。