--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

03.21

小田さん

中学2年生の時、オフコースを好きになった。
小田さんの作る歌が好き。
解散した時、そんなに悲しくなかった。

でもソロになった小田さんの歌

ハーモニーが違う・・・
ギターが違う・・・
アレンジが違う・・・

いつのまにか私は小田さんの歌を聴かなくなった。
大好きだった小田さんの高中音の声も
鈴木さんのハーモニーがないと
ただ、耳にきんきん響くだけの声に聞こえる。

自己ベストをソロで出した時
オットが聴く曲を隣で聴くことはあっても
自分が運転する時はCDを取り替えた。

 ♪アレがあなたの好きな場所
 港が見下ろせる小高い公園
 あなたの声が小さくなる
 僕は黙って外を見てる

違う。
私の好きな歌じゃない・・・
歌う人は同じなのに、すごく悲しい気持ちになっていた。

でも
毎年クリスマス頃にやるライブは好きだった。
いろんな人の曲をカバーして小田さんが歌う。
オリジナルよりいいんじゃん?と思う曲もあるくらい。
今年は自分の曲が多かったけど・・・。

そして、今年の1月。
団塊の世代に送る応援歌・・・という番組で
小田さんを密着していた。

トリノの応援歌を歌ってることも知っていたが
正直言って興味はなかった。
そこで聞いた「たしかなこと」

 雨上がりの空を見ていた
 通り過ぎてゆく人の中で
 哀しみは絶えないから 
 小さな幸せに気づかないんだろ

 時を越えて君を愛せるか 
 ほんとうに君を守れるか
 空を見て考えてた 
 君のために今何ができるか

 忘れないでどんな時も 
 きっとそばにいるから
 そのために僕らはこの場所で
 同じ風に吹かれて同じ時を生きてるんだ

 自分のこと大切にして
 誰れかのこと そっと想うみたいに
 切ないとき ひとりでいないで
 遠く遠く離れていかないで・・・・


会場にはおじさんの数の方が多かった。
びっくりした。
髪の毛に白髪が交じってるようなおじさん達が
目に光るものをたたえて一緒に歌っている。

いつしか私も泣いていた。

その番組を見て、久しぶりに小田さんのアルバム「そうかな」を聴いてみた。
オットは相変わらず好きでほとんど持っているのだ。

・・・すーーーっと胸に入ってきた。
今まで敬遠して聞かなかったのはもったいなかったかなぁ。
そのまま、ベストヒットを聞いた。

・・・・やっぱり、鈴木さんがいないとダメだ、オフコースの曲は。

オットが、今度コンサート一緒に行くか?と言っていた。
行ってみようかな。
どうしようかな。
その前にチケットとれるかな・・・?



ランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。
クリック!
 
スポンサーサイト

つぶやくアタクシ
トラックバック(0)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

私も小田さん、オフコース大好きだった。友達と並んでチケットを取った。

オフコースの歌は、いろんな思い出がつまり過ぎていて、今でも聞いたら涙か出ちゃう…
だから、あんまり聞けない。当時の曲は…
今はドリカムかな…?

いつでも私には歌が、いろんな勇気をくれている。…と思っている。

mai:2006/03/21(火) 09:35 | URL | [編集]

オフコースが流行っていたであろう当時、私は『芸能人の名前と顔を一致させられない中学生』でした。
今はどーにか『顔と名前』を一致させられてますが、当時は壊滅的でしたね。シブガキ隊?あれの、どれが誰か全く判りませんでしたから。

ですが、そんな私が唯一どうにか判ったのが小田さん。2歳年上の姉がオフコースが大好きだったんです。それこそね、解散が決まった後のコンサート(しかも最終日)のチケット取っていってしまう位には好きだったのかも。

姉がすごく好んでたから、どんな曲を歌う方達なんだろうと興味をもったんですが、姉からしてみたら私のそういう態度はとてもうざかったみたい^^;

素適な曲ではあるけど、そういう苦い思いでも蘇って来てしまったり。

音楽って不思議ですね。
長い事聞かないでいても、ウン年振りとかに聞いてもその時に憶えた感動やら、その当時の出来事とか思い出すんですもの(五感による記憶?)。

ペン太:2006/03/21(火) 11:40 | URL | [編集]

音楽っていいよね。
年齢とともにいろいろな音楽が心に響いてくるようになったな。

特にコレ!というものはないけれど、
そのときいいなぁと思ったものを集中して聞いたりする。

ミスチルの歌を聞くと胸がジーンとなにか切なくなるんだ。
たまらなく聞きたくなるときがあるな~

まちゃみ:2006/03/21(火) 23:58 | URL | [編集]

オフコースには、甘酸っぱい思い出がいっぱいなアタシです。
いろんな場面が浮かんでくるなー。

maiさんにとってのオフコースは
私にとっての浜省かな?

歌に勇気を貰う・・・
ほんとだ。
私もそうかもしれないな。

めぐみママ →maiさんへ:2006/03/22(水) 00:04 | URL | [編集]

なんか、ほほえましいエピソードですね。
私は、お姉さんの立場だったから
ペン太さんのお姉さんの気持ちがわかるかも。
妹に、寂しい思いをさせていたかもしれないな。

ホントに、昔聴いた歌って覚えてるよね!
素敵な曲がたくさんあった。
うちの子達も何年か経ったらそうやって思い出す曲あるのかな。

めぐみママ →ペン太さんへ:2006/03/22(水) 00:06 | URL | [編集]

ミスチル。
そうだね・・・
アタシ、ANY聞くと泣きそうになる。

私たちが若い頃って、ラジオが中心だったでしょ?
耳に集中させて、いろんなコトを想像しながら聞いた。
楽しかったなぁー。

めぐみママ →まちゃみさんへ:2006/03/22(水) 00:08 | URL | [編集]

わたしもオフコース好きだったな~。
今は聞いてないけど、流れてたら聞く程度なんだけど、じーーんとくるものがあって 好きでした。

あ、そうそう 来てくれたの一足早かったよ(謎)めぐみママ♪

ミセスケイ:2006/03/22(水) 09:35 | URL | [編集]

おー
ケイも?そういう年代?
うふふ
ジーンと来るよね!

おーーーーー!?
一足早かった??
うっほほーーい。了解。

めぐみママ →ミセスケイへ:2006/03/22(水) 10:23 | URL | [編集]

高校の頃、オフコースのライブが出て
人気全盛期の頃でした。
バンドでもやったな~。

大学時代、他のバンドの友人にオフコースは原キーで歌うのが身上のやつがいて、
彼のライブではひっくり返るのが楽しみでしたv-519
私は現在、彼を見習って
どんな曲でも原キーでカラオケを歌います。

ぺぐみダンナ(カロリー過多):2006/03/22(水) 13:10 | URL | [編集]

オフコースを原キーで歌うとは
なかなかチャレンジャーですな。

ぺぐみダンナさんの歌聞いてみたいなー
もちろん奥さんとのジョイント?セッション?

めぐみママ →ぺぐみダンナへ:2006/03/24(金) 09:14 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。