--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

08.05

人権セミナー

今日は、我が校が所属する西部地区の人権セミナーだった。
全体会で小学生3人、中学生2人、高校生1人の人権作文を聞いて
分科会で興味ある分野の人権セミナーに参加。
私は女性の人権として現役アナウンサーの講演を聞いた。
他は、子どもの人権、同和問題、など。

作文を聞いて思ったことは最近の人権問題って
むかしだったら「優しさ」とか「思いやり」って言葉で教えられていた
いわば道徳的なこと・・・
それを難しく「人権」って表現してるんじゃないかな・・ってこと。
優しさとか、みんなひっくるめて人権とかいうと
すごく難しい問題な気がしちゃう。
お年寄りが乗ってきたら席を譲りましょう・・・とか
人に親切にしましょうとか・・・

ひとつ
心に残って思わず涙が流れてしまった作文。

いつもひとりぼっちだった転校生と友達になったが、
ひょんな事から転校生に盗難疑惑をかけられた。
最初は信じてたのに、盗まれたメモ用紙をその子が持っていたから
「信じてたのに裏切られた」と思って、ひどい言葉を浴びせ
そのまま無視をしてる間に、その子は不登校になりそのまま転校してしまった。
しかし、盗まれたと思っていたメモ用紙は本当にその転校生のもので
盗まれたはずのメモ用紙が騒いだ友達の自宅から発見され・・・

悔いても悔いても、もうどうすることも出来ない。
言い訳をしなかった彼女の気持ち
転校生に対する差別的な考え
後悔の気持ち・・・
じょうずに表現されていたこの作文に、非常に心を打たれた。

人権。
人権問題。
・・・人の立場に立って考えられれば争いのココロは減るのになぁ。
スポンサーサイト

日々つれづれ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2005/08/08(月) 06:43 | | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。