--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

02.01

こどもと税金について考える

昨日の新聞かな?
なんだったかな?

56才の女性が、国立の大学院を受験して合格して通学を始めることに対して、中年女性はひっそり暮らす方がいい、そんなの税金泥棒だ、と言った人がいる・・・

と言うような記事を見つけた。

そっか・・
国立の学校って安いのは、税金が使われてるからなんだよね。
初めて気がついた。

以前、子どものいない友人と話してる時に税金の話しになった。
そのときの話しがずっと頭から抜けないのだが・・・
大卒の男性の生涯賃金は38年間働いたとして2億から3億1千万。
同じく大卒の女性1億8千万から2億5千万。

子どもひとりにかかるお金は、生まれてから大学を卒業するまでで平均3000万円と言われている。

公立を選択するか私立を選択するかで大きく変わってくる数字だが
文部科学省の子どもの学習費調査をみると高校卒業まで

幼稚園のみ私立の場合   約600万
高校のみ私立の場合    約700万
幼稚園と高校が私立の場合 約700万
小学校のみ公立の場合   約1000万円

コレは単純に学費だけなので、他に文房具費、その他の学習費用もかかる。更に、塾や習い事に通うとなると、平均年間で30~50万必要だとか。

 ※ちなみに我が家は3人とも私立の幼稚園3年保育。
  計算するとなんだかんだで300万以上かかりました(3人でね)。
  小学校中学校は公立。
  高校は、私立も視野に入れてます(まだ2年先)
  塾には行ってません。
  進研ゼミやってます。
  子どもの習い事は3人合わせて24000円。
  年間約30万。
  発表会で7万くらい・・・
  長女は進研ゼミやってるので年間7万。
  ってことは、習い事で44万。
  塾に行き始めたら一気に跳ね上がるね!

大学へ進学すると、卒業するまでの学費だけで

国立大学 約210万円
私立文系 平均300万円
  理系   420万円

さらに、親元を離れて生活する場合はアパートやら家財道具やら
引っ越しやらで約100万円
仕送りに年間で130万円かかると言われている。

子どもを育てるには、行事費もかかる。
お宮参り、お節句、七五三・・・それぞれお食事を用意し
美容室に行き、衣装を用意し、写真を撮る。
洋服代もかかる。
制服代もかかる。
レジャーも楽しみたい。
たまには外食にも行きたい。

それらを楽しみ、教育を受けさせる費用がひとりあたり3000万円。
子どもの数だけ増える。

専業主婦の家庭の場合、旦那さんの稼ぎで生活する。
生涯賃金が3億!?
うちそんなに貰うの?と、ひそかに計算してもむなしいだけだったが、平均は2億だとニュースで言ってたので2億で計算するとして
子ども3人育てるのに約半分の9000万円が消える。
その他に、家を買ったり車を買ったり、
例えば3000万のマンションを購入した場合
借入額3000万円、返済期間30年、金利3%で計算すると
支払総額は約4500万円。

奥さんは扶養の枠内で働くとしたら年間100万円も働けない。
20年間パートで働いたとして約2000万。
旦那さんの収入 + 奥さんのパート代を足しても2億2千万円。

では奥さんがフルタイムで働いたと仮定する。
正確な数字は調べてないが、私が働いていた頃先輩ママさんが言ってたことば。

毎月の給料はほとんど保育料なの。
ボーナスで赤字を埋めるって感じなのよ。

そして、最初の友達の話になるのだが、彼女は欲しくても授からなかったわけでなく、最初から子どもはいらない宣言をしていわゆるDINKSってヤツをやってるのだ。

その生き方はそれでいいと思う。
だが、大企業に勤める彼女は福利厚生も厚く、有給を消化しないと組合に怒られるからと、年に一回はご主人とバカンスに海外へ行く。しかも、会社の「●●ツアー」とかいうやっすーーいツアーでいけるのだ。
女友達とも簡単に海外へ行く。
日本では売ってない、ヴィトンやらエルメスやらさりげなくもっていて
いつも指はきれいにマニキュアが塗られていて
さりげなーーくミンクのショールなんかもしてる。

いいなぁと思う時もあったが、彼女はもう子どもも産めない年齢にさしかかった今、やはり子供を産んでも良かったかもと言う。

その彼女が、

子供を持たない自分が、自分が稼いだお金を自分のためだけに使って
メグのように子どもを育てるためにキャリアを捨てた女性が汗水垂らして髪振り乱して子育てして育て上げた子ども達が成人してから納めた税金で年金を貰う。
なんか、申し訳ないと思うようになってきた。
ヨーロッパあたりでは子供を持たない夫婦の税金は目が飛び出るほど高い。でも、欲しくても授からない夫婦への補助(不妊治療)も手厚い。
日本はちょっとおかしいよね。

っていうようなことを言っていた。

確かにね。
お金の面だけ考えたらそうだと思う。
飛行機に乗って南の島でバカンスする楽しさも素敵だと思う。

でもね。
ちっちゃいもみじのような手で抱きついてくる子ども達。
自分の命をも惜しくないと考えられる存在。愛情。
何にも変えがたいと思うんだ。

これから先、うちの子ども達が背負っていかなければならないものは
ほんとに大きいと思う。
生まれてくる子どもがかわいそうだからと言って、兄弟を産まない友達もいる。

確かにいい服は着れないし、海外旅行も行けないし、爪はいつも短くて
髪の毛も切りっぱなしで、子ども中心の生活だけど、
私は満足してるんだ。

児童手当が小6まで伸びるって話しもあるね。
出産が無料になるって話しもあるね。
いいことだと思う。
それを足がかりに、もっと子どもを育てやすい環境にして欲しいと思う。
お金もそうだけど
子どもを連れて出かけても、肩身が狭くない環境。

話しは戻るけど
いくつになっても学ぼうという気持ちは大事だと思う。
私は税金泥棒とは思わない。
頑張って欲しいなと思う。
いつか、私も行くかもしれないし。
可能性は無限だもの。



ランキングに参加してまーす。
ぽちっと! クリック!

いつもありがとう★びっくりです↑
クリックして「はぴる」で検索「サイト情報」で順位がわかりまーす。
スポンサーサイト

つぶやくアタクシ
トラックバック(0)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

こんにちは。お久しぶりです。
記事、じっくりと読ませていただきました。この年齢で子どもたちと一緒に剣道を始めた私からしてみれば、56歳で国立大学に入るのが税金泥棒なんて全然思いません。むしろスゴイなぁと感心してしまう。うちの祖父は80歳を過ぎていますが、PCを勉強して教室にも通っています。税金が使われる使われないは別として、自分を高めたいという姿勢に脱帽です。
うちのお姑さん、実家に帰る度に「子どもを産んだ人はお金がかかっている分、老後の保障をキチンとして欲しい」なんていつも言います。でも、不妊治療を頑張ってもできなかった人のことを考えるとそれも一概には言えないですよね。私もオシャレなんてしている余裕はなくていつもボロボロですけど、子どもを生んで母親になれて本当によかったと思っています。

ゆかピン:2006/02/01(水) 11:15 | URL | [編集]

日本もヨーロッパのようにならないかな?と私も常に思っております。
生活習慣病のような予防ができるもの、ガンなど早期発見ができるものなど予防の手立てを立てていた人、検診をきちんと受けていた人はそれらの病気になっても医療費が安いとか…そうしたら、もっとみんな健康に気をつけるだろうし、医療費も削減されるのではないかな…

一人育てるのに家一軒分取られる…3人目を産んだ時点で我が家はマイホームの夢は半ばあきらめました。
借金がなければ、仕事がなくなったとしても、上の学校に行きたいといわれたとしても何とか出来るでしょ?でも大きな借金を抱えていては、そうも行かないもの。

私もいつまでも学びは大切だと思うわ。子育てもひとつのキャリアだと思うの。もうすぐ春だし、頑張るぞ!
主婦だから、子育てしてるからできることだってあるよ!ね☆ъ(*゜ー^)> パチンッ♪

mai:2006/02/01(水) 11:28 | URL | [編集]

おひさです。
コメントありがとう♪
老後の保障ってさ、ほんと難しいね。
子どもに迷惑かけないように自分のことは自分で・・・って思うけど、子どもにこれだけお金がかかって、成人した後だって、結婚だー、新居だー、なんだーかんだーかかるよね。
私たちの親がしてくれたように、自分の子どもにもしてあげたいと思うけど、じゃあ、そのためにいくら残ってるの?って考えちゃったよ。
体が丈夫だったら、働くことは出来るだろうけど・・・
でも、勉強しようって意欲、すごいよね!そのときになった時、自分にその気力があるか・・・
わからないなぁ。

 →ゆかピンさん:2006/02/01(水) 14:56 | URL | [編集]

そうだよね。
いろんな面で見習って欲しいよね。
消費税も高めだけど
元の値段はそんなに高くない。
保障されてる部分も大きい。

うちはね、結婚と同時に立て替えちゃって親と子ども(旦那)と2人で同時にローン組んだんだ。
子どももなかなか出来なかったし、考えたら後10年かからないうちに完済する・・・
へぇ・・・そう考えると、月日が経つのは早いな。
maiさんちは、転勤があるから難しかったよね。
うん。今から我が家も借金背負えないと思うよ・・・
大企業に勤めてる人を見ると、社宅費用とか、住宅手当が充実してていいなって思うけど、比べてうらやんでも仕方ないもんなー。

うん。そうだ。
子育てもキャリアの一つだ!
それに、子供が生まれて図々しくなったよ、アタシ。
のほほんとしてられないもの。うふふ。


→→ maiさん:2006/02/01(水) 15:02 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2006/02/02(木) 08:15 | | [編集]

教育費ってかかりますよねぇ~~。
我が家は幼稚園や保育園から公立で
高校も3人ともお手軽な都立高校。
そして勉強嫌いな息子たちは高卒で就職してしまった。
初めて娘は上の学校へ進むことをめざして現在いるけど
一人分でも不安を感じている我が家。
都心に住んでいるということだけでも
学校の選択わざも広がり
一人暮らしをする必要も交通費の心配も少なくて住んでラッキーだと思います。

なぁなママ:2006/02/02(木) 08:20 | URL | [編集]

名前伏せなくても、もしかして良かったか?(笑

そうね。育自よね。
なかなか難しいわ。
けど、楽しいこともいっぱいあるよね!

☆→・・・さんへ:2006/02/02(木) 10:01 | URL | [編集]

公立の幼稚園ご近所にあったのですね。
うちの近辺にはないのです・・・
実家近くの友人が
私立と比べると、月謝は約半分だけど保育時間が短い・・・と言ってました。
朝バスが9時半頃迎えに来て帰りは13時半頃家に着くと。
うちの園は6時間くらいは預かってもらえたのでビックリした記憶があるのですが、なぁなママさんのお子さんの幼稚園はいかがでしたか?

うちも都内までは自宅から通うことが可能なのですが、もしも、学びたい学科が地方だったら・・・なーんて、いらぬ心配をしております(笑

☆→なぁなママさんへ:2006/02/02(木) 10:06 | URL | [編集]

我が家の近くには通うことが可能な公立幼稚園が
当時は2園ありましたので
長男と次男は別の幼稚園を体験しました。
確かに保育時間は短かったけれども
同業者としても公立の保育については安心して預けられたので・・・
歩いて登降園してお弁当作って
お迎えは早い日は11時、遅くても2時でした。
そして帰りに次男は友達の家へ必ず遊びに行くので・・・
それも面倒で娘は私の就職と合わせて保育園へ入れました。
息子たちは5000円で娘は13000円でした。
今は保育料(保育園)もっと高いようですが・・・。

娘にはなるべく通学が楽な大学を選ぶほうが
時間を有効に使えていいよ!!と話しています。
自分が片道2時間半も掛けて短大へ通学していたので・・・。

なぁなママ:2006/02/03(金) 21:09 | URL | [編集]

ひぇ~~~
5000円!?
13000円!?

うちの実家近くの公立は13000円でした。
公立の保育は、やはり安心できるものなのですね・・・
保育園には、4万とか6万とかの保育料がかかる恐ろしいところ・・・と言うイメージがあって、とても働く気はしなかったのですが
働いてる友人は、おむつもとってくれるし、ラクチンよっていってました。

うちの子ども達が通った幼稚園は少し高めだったかもしれませんが、とても良い幼稚園でしたよ。親の奉仕負担も少なくて、先生もおっとり優しくて。

通学が楽。
コレは重要ですよね!
ムスメの高校選びもそこをよく考えて欲しいなと思います。

めぐみママ:2006/02/04(土) 19:36 | URL | [編集]

はじめまして!!
子供の養育費ってこんなにかかるんですか!!私は今、理系私立の大学生なんですよぉ・・・。こんなにお金がかかっているなんて親に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました(><。)
高校までは公立に行っていただけ親孝行だったかな・・??
学校に通わせてくれていることに感謝しながら勉強をより一層頑張らなくてはいけないですね!!

なっつ:2006/02/07(火) 17:28 | URL | [編集]

はじめまして
コメントありがとう!

理系私立で頑張ってるのですね!
すばらしい!
そして私の記事で親の気持ちを考えてくれたなんて、嬉しいです。

なっつさんが、健康に大きくなって、こういって思いやるココロを持ってる。
そして勉強を頑張ってる姿を見せるのが何よりの親孝行ですよ。
受けた恩は、いずれ自分が親になった時に、子どもに与えていけばいいのです。
頑張ってくださいね!
勉強できるってすばらしいことです。

★→なっつさんへ:2006/02/08(水) 10:10 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。