--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

01.31

一昨日の夕飯と 百分率 

060128sutoroganohu.jpg
ビーフストロガノフとブロッコリーのスープ@オット作。

前日スーパーに行ったら、豪州産とはいえ700グラムもの大量パック牛肉が580円で売られていた。
固そうではないし、久しぶりに牛丼でも作ろうとしらたきも一緒に買って帰った。

吉野や風の牛丼をワインを使用して作れるんだよー
とオットに言ったところ、私がムスコの試合に言ってる間に作ってくれると言っていたのに、何をどう間違ったのか、できあがったものはビーフストロガノフだった。

・・・あれ?
まぁいいか、美味しかったから。
レシピは、近いうちに公開予定のレシピブログに書きます。
書いたら遡ってリンク・・・張るかも。張らないかも。



5年生のムスコ、インフルエンザで休んでる間に百分率でつまづく。

次の少数を百分率で表しなさい・・・と言うのはクリアしてる。
ところが、くらべられる数と、くらべる数とかけ算と割り算と
考えてるうちにわからなくなって
何割ですか?と聞いてる質問に、少数のまま答えたりする。

割合 = 「くらべられる数」 ÷ 「もとにする数」 


このくらべられる数ともとにする数と割合とで、何を求めるかを設問の仲で読み取って、式をかけ算にするのか割り算にするのかの関係が、こんがらがってるようだ。
昨日、宿題をやっていて、わからなくなった彼は、私のそばに寄り添い、一生懸命式を組み立てようとしながら、悔しくて泣き出してしまった。

1)100センチの15%は何センチですか?
2)60人のうち24人が女の子です。全体の何割ですか?

それぞれを、□(四角)をつかって考えてご覧というと
1)100×0.15=□

と、一番の問題はわかるようだが、二番目の問題になると混乱してしまう。

2)60×□=24
  □=24÷60

ここでつまずいたら、中学に行って方程式もわからなくなってしまう。
この百分率は、今のアタシも日常的に使うことなので
色々生活の中で話しながら計算式の建て方とか考え方とか教えてあげようと思いながら、果たしてそんな指導でいいのか、少し疑問だったり・・・

それにしても、算数も国語の能力がないとダメだね。



ランキングに参加してます。

ぽちっと! クリック!


スポンサーサイト

日々つれづれ
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

野球が好きなら3割バッターの話をして、
「10回のうち3回打てたらいいバッター」ということは分かると思います。
10を3で割っても3.333・・・
ですから、
3を10で割って0.3が3割、というふうに覚えましたね、多分。
(だって分母か分子か、どっちがどっちだったかすぐに忘れたもん)
算数・・・苦手でしたが、なかなか覚えられないような理屈っぽい人の方が最終的に算数に向いてそうです。

ぺぐみダンナ(カロリー過多):2006/01/31(火) 08:30 | URL | [編集]

★ぺぐみダンナさん

そうそう、そうですよね!
今は、ゲームなんかでも命中率が表記されるゲームもあるので、考え方はたぶん理解できてると思うんですが
文章から式にして・・・っていうのに苦手意識を感じてるようです。

そうなの!分母とか分子とか、どっちが上だったらどっちで割るんだっけ?みたいな感じです、アタシも(も、と言っても良いんでしょうか・・・)

そっかー、んじゃ、ムスコは算数向きかもしれませんな。

めぐみママ:2006/01/31(火) 08:35 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。