--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

12.15

知らない人に道を聞かれたら

昨日、なんとなくつけていたテレビから流れてきた言葉

「知らない人に道を聞かれたら逃げなさい」と指導・・・

それに対してコメンテーターが、かなしい世の中だと言ってた。
掃除しながら聞いてたので、どこで、誰が、どんな風に指導する指針なのかわからなかった。
耳をそばだてた時は次の話題になっていたし・・・

人間関係が希薄になってる子ども達。
旗振り当番の時「おはよう!」と声かけても返事しない子が9割だ。
みんな人形のような顔して歩いてる。

なんで?

今朝子ども達とごはん食べながら聞いてみた。

「知らない人に道聞かれたらなんて答える?」

「・・・」←きょとん

「市役所ってどう行くの?ってきかれたら?」

「・・・・・・」←真剣に市役所がわからないという顔

「わかる場所だったらついていってあげる?」

「・・・」←首を傾け困った顔

「昨日テレビで知らない人に道を聞かれたら逃げなさいって教えてくれた人がいたんだけど、どう思う?」

「ママ、泣きそうな顔してる」←非常に困ってる

「泣いてないよ。でも、ママが知らないところに行って道に迷って
 そこにいる子どもに聞いて逃げられたら悲しいなと思うかも」

「・・・」

「もし、誰かに聞かれたらわからないので大人に聞いてくださいって言えばいいと思うんだけど、言える?」

「うん。それがいいと思う。大人の人に聞いてくださいって言う」

「お手々とお手々を伸ばしたくらい離れていなくちゃダメなんだよ。」

「うん」

「後、顔を知ってる人でも、もし一緒にどこかにふたりで行く時は
 誰かに言ってからじゃないとついて行っちゃダメだよ」



朝から防犯について語り合ってしまいました。

お互いが手を伸ばしたくらいの距離感を保てば、もし捕まえられそうになっても逃げることが可能な距離だそうです。
それから、万が一抱きかかえられそうになったらしゃがむこと。
しゃがんで縮こまる。
例え幼稚園児だとしても、しゃがんでる子どもをそのままの姿勢で抱きかかえるのは難しいそうです。

スポンサーサイト

子育て雑記
トラックバック(0)  コメント(7) 

Next |  Back

comments

ブログを拝見して書き込み致しました私e-アフィリと申します。
アフィリエイトのバナーをこちらのブログに貼って、お小遣い稼ぎをしてみませんか?ご登録はとっても簡単なので、是非覗いて見て下さいね。ご参加の方を心よりお待ち致しております。

e-アフィリ:2005/12/15(木) 08:36 | URL | [編集]

小学一年生の子が刺されて殺された
小学校の指導だそうです。
私もテレビで見ていた。

私も、なんて世の中になったのだろうと思ったの、そう教えるしかない。そうなんだって・・・
でも、実際地区懇談会で
そう言う話になったときがあった。。
挨拶をしようと言うことになって、
近所のおじさんにおはようって挨拶したらこっちにおいでと、手招きされて
怖かったとか、そんな話を聞くとなんと、情けないと思う。
TVのコメンテーターが
「知らない人にはついて行っちゃいけないよ?」そう教えても、一回二回話して
いいお兄ちゃんだと、その子にとっては
知らない人ではなく、知ってる人になる。。。なるほどねぇ~~両親、親戚以外ついて行っちゃならないと言う指導になるのかなー本当難しいよね?

今の世の中、道草も出来ないし、友だち同士話しながらゆっくり帰ることも出来ないなんて。。。悲しいな。。

ジョニー:2005/12/15(木) 10:36 | URL | [編集]

きょうは当番するつもりだった?
それから手々までテレビに掃除したかった。
じゃめぐみママの言葉指導するはずだったみたい。
それからきょうはっさくはめぐみママが子どもに指導したかもー。

BlogPetのはっさく:2005/12/15(木) 12:27 | URL | [編集]

最近は道を聞くこと自体
少ない現象のような気がします。
私のように見るからに怪しい人は
特に聞きにくいとは思いますが・・・

困ってるお年寄りとかいたら
進んで手助けしますし、
人にも結構道を聞いたりします。
今のところ逃げられたことは
ございませんが・・・
そのうち出てくるんでしょうな、そういう人v-519

ぺぐみダンナ(カロリー過多):2005/12/15(木) 19:10 | URL | [編集]

うちの方も登下校時には親もなるべく外に出るようにお手紙が出ています。
警戒もしなくちゃいけないけど、挨拶ができないのも寂しいですよね・・・。
安全を教える絵本のなかにも、なにか頼まれたら「自分じゃだめなので大人の人を呼んできます」と答えなさいって書いてありました。
たとえ、おばあちゃんが苦しんでいても、困っている人がいても・・・
あと、大人の方も、むやみに知らない子供に話しかけてはいけないと書いてありました。そっかー、私も警戒される側にもなっちゃうんだーってなんか寂しくなりました。
ちょっとズレますが、保健の指導でも「お友達が怪我をして血が出ても、ティッシュを当ててあげたりしてはいけません」ってありました。病気をもっていたらうつるからだそうです。
なんとも冷たい世の中だなぁ~って思うけど、それも安全を思えばこそ、なんですかねぇ・・・

いぢみ:2005/12/15(木) 23:02 | URL | [編集]

PTA役員でも学校と共に話し合っています。町内会も一緒になって。
「防犯パトロール」という札を作って車や自転車につけたり、バックにつけて買い物に出たりしようと提案。
保護者は自分の子だけじゃなく学校中の子を守ろうと言う考え。賛同者はどれだけ出るのか。
どうなるのかわかりませんが、できることからやって行こうと考えています。
怖いよ世の中が。誰を信じていいのか。
近所付き合いをどう教えればいいのか。

七海(もみじ):2005/12/16(金) 11:58 | URL | [編集]

★e-アフィリ様
お誘いありがとうございます。
非常に興味のある分野なのですが
中途半端には始められないともってるので、今はご辞退させていただきます・・

★ジョニー
そうなの。
子どもの知ってる人、知らない人の区別ってほんとに難しい。
恐ろしい世の中になったというか、今までの日本が平和ぼけだったというか・・・
こわいなぁ。。。

★ぺぐみダンナ
私も人にものを尋ねるのがおっくうな方ではないのですが・・・
前はニコニコ見つめてた知らない子ども(だって可愛いんだもん)のことも、あまり見つめてはいけないんだって最近自重してます。
お年寄りには親切にと言う精神、今の子ども達が大きくなた時も受け継がれて欲しいなと思います。

★いじみさん
やはり、大人の人を呼んできます、大人に聞いてください・・・は、いい言葉なのですね・・・

血液の感染。
HIVや肝炎など目に見えないのでこわいですね。
亡くなった祖母は医療従事者でした。
そこで肝炎にかかってしまいました。
幸い劇症化はしませんでしたが・・・
通常の生活でうつるはずはないのですが、聞いてからしばらくの間は、きっとぎこちなかったと思います。わたし。

★七海(もみじ)さん
自分の子だけでなく、地域で子どもを守る・・・
これって理想ですよね。
先日、校長先生が校区の自治会長さん15名を自転車で訪ねて子ども達をよろしく頼むと頭を下げてきてくださったそうです。
私も出来る範囲で防犯に加わりたいと思います。


めぐみママ:2005/12/17(土) 02:08 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。