--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

11.23

海外に小包を送る

オーストラリアから来ていたターニーの誕生日にプレゼントを贈ったんだけど海外にものを送るなんて初めてでちょっと失敗してしまった。

まず、送り方にいくつか選択肢がある。
クロネコヤマトUPS宅急便
郵便局国際小包

私はなーんにも調べずに郵便局に出向いた。
その際に、相手に届いたかどうかわかるのとわからないのがあると言われ、わかるタイプでなるべく早く着くものを選択。
選択したそれはEMSと言うものだった。
送り状に「インボイス」といって中に何が入ってるか明記する。
国内の送り状でも書くが、それよりも詳細に値段も書く。
税関で中身を確認したときに、書いてないものは没収される。
中にカードを入れてはいけない。
入れたら没収。運が良ければそのままスルー。
金額によっては関税がかかるが、その基準金額は相手国によって違う。

私は、お財布、タオル、キーホルダー、カレンダー、クリスマスオーナメント、5才の弟さんにサンリオのお菓子の詰め合わせ。総額6000円弱の品物を選んだ。あれこれ選んでいたらそんな金額になってしまったのよ。高いかなーと思ったけど、子ども達がそれぞれ選んだのと、お財布は1号とお揃いにしたので、今回はきばってみました。
6000円ならかからないかな?と思ったが場合によってはかかるかもしれない。。。と郵便局のお姉さん。わざわざオーストラリアの大使館にも電話かけてくれたが英語だったので撃沈したらしい(笑
送料は2400円。

関税がかかる場合、受取人のターニーに請求が行く。
これは一大事である。
先にメールで知らせなくてはいけない。
・・・ところが、アタクシにはその能力がない。

ってことで、ホストをうけたときに知り合った友人に事情を話してヘルプを頼む。

彼女からのメールをそのまま転記。

------------------------------------------
メール、有難うございました。あのね、関税はかからないと思います。すごく高い物には、かかるようですけれど。でも、一寸まずかったのは、手紙!それに食品!この二つは残念ながら、引っかかるかも?知れません。どうなるのかはわかりませんが、とにかく、一度、開封されるようですから。時々、手紙が入ったまま着く時もあるようですが・・・。この頃、食品が・・・せっかくなのに・・・。うっ、うっ。と泣きます。

そのプレゼント、ターニーがどんなに喜ぶことでしょうね!無事を祈るばかり・・・。

とにかく、英語ね。

We hope you will soon receive our Christmas & birthday present for you, which we sent recently by air mail. We also hope you would like them. By the way, we wonder, if you have to pay the tax to receive the small packet. If you had to, please forgive us, because we did not know and think about the tax beforehand. But my friend said, no problem, you would just receive the packet without paying tax. So, we hope she is right. However, she also said that it was a problem to have included some food and a letter in it. We just hope and cross our fingers that you will be able to receive everything we sent. Please send us a line, when it arrived. Thank you.

和訳・・・・先日私たちがあなたにエアーメールで送った誕生日とクリスマスのプレゼントをまもなく受け取ることと思います。(願います。)気に入ってくれるといいなあ。ところで、あなたがそれを受け取るとき、関税がかかって支払うことになるのかしら。もし、支払うようだったら、私たちを許してね。送る前にはそんなこと、考えてもみなかったし、知らなかったのよ。でも、私の友達は、関税なんか払わなくてもすむわよ、問題なし、と言ったので、彼女の意見が正しいことを望むわ。でも、彼女がいうに、問題は、関税じゃなくて、手紙と食品を入れちゃったことなんだって。私たちが送った物が全部無事に届くことを心から祈るばかり。到着したら、一筆お願いね。ありがと。

こんなところでいいでしょうか。まだ、足りなかったら、また、メール下さい。
------------------------------------------

無事着くことを祈るばかり。
って言うか、海外に小包を送るって大変なのね。
お菓子は送れないってこと?
アメリカはだめと言うのは今回調べてわかった。
オーストラリアは、一応アジア圏。だよね?
ん~~~~~~~。

むずかしい。


スポンサーサイト

Host family
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

私の兄もシドニーに住んでいるのですが
自分で小包を送ったことがない!
以前母が何かを送るときに一緒に送ってもらったら・・・
送料が高いのにビックリしました!!
先日久しぶりに帰国した兄たちは
見事の日本で買い物をして持ち帰っていました。
電気炊飯器まで買っていましたよ。

なぁなママ:2005/11/24(木) 12:56 | URL | [編集]

やはり日本製が一番いいんでしょうかね!海外に小包を送ることがこんなに大変だとは思いませんでした。
身内の方がいらっしゃると、特に親は送る機会は増えますよね~。
郵便局であたふたしちゃいました。
窓口のお姉ちゃんも、電子辞書片手に汗かいてました。

めぐみママ:2005/11/25(金) 08:33 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。