--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

10.31

夕飯とパネルシアター作りと月末

1031yuuhan.jpg

野菜の天ぷら(薩摩揚げ?)&厚揚げ
もやし炒め
スモークチーズ
野菜のあんかけ煮(ナス、大根、いんげん)
めかぶとろろ
カレースープ
漬け物

・米のとぎ汁で大根を茹でておく。余熱でも煮えるので冷めるまでそのまま。ナスといんげんは素揚げ。だし汁、醤油、酒、みりん、砂糖でそれらを煮て、片栗粉でとじる。
・薩摩揚げと厚揚げは油を敷かずにフライパンでこんがり焼いて
ショウガとカツブシと醤油をさっとかけて熱々を!
・もやし炒めは昨日のステーキのたれの残りとソースで味付け
・オットカレーの残りでスープ。



今日は読み聞かせで2年生の教室へ。
終了後、パネルシアター制作に励む。
今日作ったのは「だごだごころころ」

各自、絵筆、パレット(卵パックや食品トレイや牛乳パックなど)、筆洗器、ぞうきん、新聞紙を用意。

壁紙用の布に、
1:山里の背景
2:鬼の山の背景
3:川
の3場面を作る。
大きさは模造紙程度。ちょうどホワイトボードに貼れる大きさの白い布に布用の絵の具とクレヨンで描きました。

登場人物は、各シーンごとに用意。
じーさん、ばーさん、鬼、赤とんぼ、他小物。
だんごと赤とんぼはペープサートの技法も取り入れる。

原画をコピーして、バックライトを当てながら移し絵。
それを拡大コピーをして厚紙に貼る。
絵の具で色づけ。

今日はここまでで終了。
次回は来月。
太マジックで縁取りする。
厚紙を貼った登場人物に、両面テープで板磁石を貼る。

完成!
後は、ストーリーに合わせて読み手と貼り手で順番の練習。
ホワイトボードを活用して場面転換も簡単に行う予定。
完成したら写真を撮ろうと思いま~す。

本当は、ネル布と不織布で行うのが正統的なパネルシアター。
でも、予算がないので、学校の備品で作りました!
高校の文化祭準備以来?卒業制作以来?絵筆を握った感じ。
楽しかったなぁ~。
みんなでわいわい時間が経つのも忘れて制作に励んだ。
できあがっていく工程、達成感がたまらんね。

次はねずみくんのチョッキを作るよ。



月末だー
明日は月初だー
更新作業準備してないー ←仕事
やべーやべーやべー
やる気が起きないー
もう寝たいー
喉が痛いー
子どもを怒ろうと声を張り上げると喉が痛い。
冷静にしていろっちゅー事かいな。とほほ。
スポンサーサイト

日々つれづれ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。