--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

10.25

自信喪失

母として、子育ての自信をかなり喪失です。
1号、真剣に練習してましたけど
代わりのmiyuちゃんもかなり練習したようで、何カ所かミスったけど
そのまま明日の本番はmiyuちゃんになりました。

夏休み直前に課題曲が決まりました。
結局練習期間は4ヶ月ではなくて丸3ヶ月間でした。
7月、8月、9月、10月と数えると4ヶ月です。
なんで練習しなかったのか。
状況を聞けば聞くほど、甘く見ていたとしか思えません。
焦って練習しなければいけない立場だったのに。

のんびりしてる、とか
おっとりしてる、とか
そんな言葉じゃ片づきません
誰がなんと言おうと私は許せない。

周りのみんなが許したとしても私は許しません。
周りのみんなは彼女の人生に責任がないから。
だから、簡単に許すんです。
仕方ないよ、忙しかったから、難しかったから、大変だったよね。
そうやって優しい言葉をかけてくれる友人も必要だと思うけど・・・
一度失った信用を回復させるのは難しいのです。
今は優しくしてあげるよりも、厳しさを教えてあげなくては。

だけど私って弱虫。
毎週顔あせておきながら、

どうもピアノのレッスンが進んでないみたいだけどレッスンしてる?
1号ちゃんには言わないでって言われたけど・・・

って、せめて2週間早く耳に入れてくれなかったRちゃんを少し恨んじゃってます。

担任の先生のことも少し恨めしく思います。
お手紙なりお電話なり、事前にいただいていたら・・・
中学生にもなってるのに甘いことを考えてしまいます。
そう考えてしまう愚かな母親です。
自分の子どもがやらなかったことを棚に上げて、人を恨んでしまう・・・

「もっと早く交代に踏み切れば良かった。
 1号ちゃんならやってくれると信じていたからここまでずるずるしてしまった」
先生はそう何回もおっしゃいました。
うちのオットは、その先生の言葉に憤慨しています。
信じてくれるのはありがたい。
やらなかった1号が一番悪い。
だが、指導者として、生徒を信じてたという前にすることがあったのではないか。
・・・ってことです。

オットと口論になりました。
うちの1号だけが出来なかったんだよ。
おなじようにしてて、うちの1号だけが。
それなのに、先生に文句言う事なんて出来ないよ。

泣きながらオットと口論しながらも
心の中では、Rちゃんと先生を恨めしく思っています。
せめて後2週間早く気がついていたら1号は恥をかかなくて済んだのに。
そう思ってしまう弱い母親です。
だから、私は心を鬼にして1号を許しちゃいけないんだと思います。

子どもを信頼してもいいけど信用するなと言う言葉の意味をかみしめています。
この子ども、は、部下とか友達にも置き換えられます。

1号には厳しい現実が待っています。
クラスでささやかないじめが始まっています。
明日、本番でプログラムに載ってる1号が弾かずに
他の子が弾いたら、そこで「何故?」って問いかけがたくさん出ると思います。

オットは、1号にピアノ辞めさせたら?って言います。
それは前から言っていました。
もうそろそろいいんじゃないの?って。
でも1号は辞めたくないみたいです。

1号と話し合いの途中です。
1号に二つの選択肢を与えました。

・ピアノを辞めて2年生の合唱祭も歌で頑張る
・ピアノを続けて2年生で伴奏に選んでもらえるよう努力する。

ピアノを辞めたら楽だよ。
練習に時間をとられないし
練習しなさいってママに叱られなくても済むし
ほとんどの子たちがそうであるように、歌で頑張る。
ココロを一つにして一生懸命うたう。
そういう選択もありと思う。

けど
つらいけど漫画やテレビを我慢して一生懸命練習したら
本番でたったひとりピアノを弾けるというご褒美がもらえる。
そのご褒美のためにもう一度努力するなら応援する、と。

そのためには、先生ときちんと話さないといけません。
うちの担任は音楽担当なんです。
来年度、たぶん持ち上がる。
そのとき、無責任というレッテルを貼られた1号はたぶん選外でしょう。
でも、この挫折を乗り越えるには、茨の道であっても
ピアノを続ける方がいいんじゃないかって思います。

いじめや無視や陰口に耐える強いココロを持ってもう一回頑張って欲しいなって思いながらも、選択は1号に任せようと思っています。

とか何とか言いながら、明日の本番見に行くのがこわいアタクシです。
誰かに話しかけられたら泣いてしまうかもしれません・・・
スポンサーサイト

子育て雑記
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

1号ちゃんも悔しいだろうけど
ママも悔しかったね。
その、一緒に悔しがってる気持ち
1号ちゃんの今後の人生に、大きな意味をもたらすと思うよ。
たぶん今回のこと、大人になっても忘れない。

誰!?ワタシの1号ちゃんをいぢめてるの!!(怒)

マキ:2005/10/26(水) 00:59 | URL | [編集]

うぇぇ~~~ん
涙がとまんないおぉ。

うん。
そうだよね。
1号の財産になるよね。
そう信じて私も強くならなくちゃ。
ありがとね。

めぐみママ:2005/10/26(水) 01:32 | URL | [編集]

え?!自分達は何の努力もしなかったのに上手くできなかっただけでいじめが?!なんだか酷い。もちろん1号ちゃんに全く悪いところがないわけじゃないんだろうけど、先生の落ち度はかなりなものだよね?1号ちゃんがんばれ!!負けないでね。ぎゃお姫にとってはいつでも『やさしいピアノのお姉ちゃん』で憧れだからね。今度一緒にピアノ弾いてあげてね。

あーちゃん♪:2005/10/26(水) 10:04 | URL | [編集]

うぅ
私の言いたい事言ってくれてありがとう。
でも、子どものいじめって理不尽だからね・・・
結局は1号が悪いんだしさ。
ぎゃおひめ~
早くかーちゃんに運転して貰っておいでよぉ~^^
シートベルト忘れるなよーーー

めぐみママ:2005/10/26(水) 15:13 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。