--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

10.18

耳に痛い言葉

思い起こすと数々イヤなことを言われてきた。
サイテー!
だいきらい!
二度と笑ってあげないんだから!
そんな風にココロのなかで毒づいていた若い頃。
でも、その言葉をその人はどんな気持ちで言ったのかなって今頃になって思い出すことがある。その頃傷ついた気持ちを忘れてしまったのかもしれないけども確かにその言葉で私は少しずつ成長していた。
泣き虫だと言われて悔しくて泣いたこともあった。
いまだに泣き虫は直らないけど
今泣いたらだめだって時は泣くのを我慢できるようになった。
「悪気はないんだけど」やってしまったことに対して
それじゃだめなんだよって教えてくれる人に感謝することも出来るようになったし、逆に傷つく言いかたされたら、私はそういう言い方をしないように気をつけようって思えたし。

欠点のない人はいない。
誰しも成長課題はたくさんある。
いいところもある。
いいところを見てニコニコしていようって考えるときもあるけど
悪いところに目をつぶっていいところばかり探していては誰も成長しない。

だけど、言われた本人にそれを受け容れるだけの用意がないとき
言葉は鋭利な刃物になるんだ。
刃物にはきちんと鞘がないと手を切ってしまう。
相手が受け入れることが出来る言葉を選ぶことも大事だ。

私は人を傷つけようとして暴言を吐いたことがある。
鞘のないひとに忠告と称してひどいことを言った。
いや、傷つけようとしたんじゃなくて、自分を正当化しようとしてた。
私は正しいんだって意見を言い続けることで
相手を間違ってるよって言ってるようなものだった。
あの時の意見、今となっても引っ込めるつもりはない。
正しいと思ってる。
でももう少し言い方とかやり方があったなと思う。
私も深く深く傷ついたけどたぶん私の言葉で相手も傷ついたと思うんだ。

じゃあ、あの時からやり直したいか・・と思うと、それはそうじゃない。
あの時の私がいたから今の私がいる。
いいことも悪いことも含めて私がいるんだ。
だからやり直したくはない。
やり直したくはないけど、もう一度会って話を出来たらいいなって思う人はいる。
そう素直に思える時間が私の中で流れていった。

今誰かの言葉で傷ついてるあなた・・・
その言葉をそのまま受け入れて。
傷ついたままでいいから。忘れないで。
1ヶ月、半年、1年・・・考えても意味はわからないかもしれない。
けれど、ぜったい未来の自分のチカラになってると思うよ。
つらいけど。
苦しいけど。
あなたを批判する人がいてもあなたを好きな人も必ずいるんだから。
スポンサーサイト

日々つれづれ
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

過去のことを色々思い起こして少々ノスタルジーを感じております。傷つけられたと思ってもそれは自分の気持ちの問題・・・会ってみる勇気はまだないけれでケンカ別れした友人を思い出しました。
いつも素敵な言葉の数々ですね。
更新を楽しみにしています。
またメールしますね。

つぐみ:2005/10/18(火) 18:27 | URL | [編集]

こんにちは
そうなんですね。
気持ちの問題。
そういうことがやっとわかってきました。
ケンカしてしまったお友達とまたお話しできるといいですね。
いつもメールをありがとう。

めぐみママ:2005/10/19(水) 07:45 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。