--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

10.18

親不孝

私が学生だった頃、母に親より先に死ぬほどの親不孝はないと言われたことがある。
私は非常にどきりとした。
そのとき私は死にたいと思っていたから。
今となってはここに書くことも恥ずかしいくらい些細なこと。
だけどそのときは目の前が真っ暗で誰もが敵に見えて、すんごくとんがっていたと思う。

リストカットといえるほどではないがカミソリで手首をちょっと傷つけてみたことはあった。
簡単に血が出たのでそこでびびっておしまい。
傷も残らないほどの小さな傷。
他にも方法を色々考えた。
電車に飛び込んだら親に迷惑かける。親に恨みがある訳じゃないからそれはだめ。
高いところは好きじゃないし近所で一番高いのが3階建ての中学校しか思い当たらなくて飛び降りはだめ・・・
洗面器に顔つけても苦しかったら顔出しちゃってだめだし近所の川は浅い。
ガス自殺が顔がピンクになってきれいらしいけどまかり間違うと爆発するから近所迷惑でだめ。
睡眠薬なんてどこに売ってるんだか知らないしお金もない。
醤油1リットル飲んだら死ねるらしいけど気乗りしない。
首つりは垂れ流しちゃうしベロがびろーーんと伸びちゃうらしいからいや・・・
・・・そんなことを冷静に考えていた。

知人の息子さんが一昨日自殺した。
高校で生徒会長をしていてスポーツに勉強に頑張る子。
お父さんもお母さんも仲良しで明るい家庭に見えた。
彼に何があったのか。
生きていくことにどんな絶望を感じてしまったのか。
何故、親をこんなに悲しませるのだろうか。
なぜ?なぜ?とあの時死にたかった自分に問いかけてみた・・・。

わからない。
わからないけど、あの時私は死ななくて本当に良かった。
自分よりも大事な人が出来て、その人に必要とされてるからもっと生きていたいと思う。
大事な人を悲しませてはいけないと思う。
スポンサーサイト

つぶやくアタクシ
トラックバック(0)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

同じようなことを考えた時期があった。ゴミ箱に手を入れておいたら、周りが汚れないかな?私が死んだら泣いてくれる人は何人いるんだろう…と考えたら、どうせ死ぬなら誰かに惜しまれるようなことをしてから死のうと冷静に考えて…今に至る。

きっとそういう風に前向きに考えられなくなっちゃったんだろうね…

いや~どことなく似ているところがあるなと思っていたけれど、やっぱり似ている?≧(´▽`)≦アハハハ迷惑だよね~!

mai:2005/10/18(火) 15:15 | URL | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2005/10/18(火) 15:20 | | [編集]

>maiさん
私はお風呂でやったら確実に死ねるなーと考えてた。なんで簡単に死ぬなんて考えちゃったんだろうね。
ホントに死ななくて良かった。
maiさん
つくずく、似てるよ、アタシたち(爆笑)
いつか必ず会いましょうね!
んで、温泉に行こう!

>あゆちゃん
メールするね☆

めぐみママ:2005/10/18(火) 16:24 | URL | [編集]

私も死のうと思ったことある。
いじめられていた小学校5年生の時。
自宅の机が窓際にあったんだけれど、机に座りながらここから飛び降りちゃおうかなって何度も何度も考えてた。
自宅は3階だから死ねないよね。
でも、あの時はそんなことを考えられないほど追い詰められてた。
下を見てると、地面の芝生がとっても近くなる。
ひょいっていっちゃおうかなって……。

でも私には死ぬ勇気はなかった。
死ぬのは怖い。
死んだらどうなるのか考えると怖い。
今でも怖い。

でも、そんな風に思わない人間だったら?
きっと、一線を越えてしまうと思う。

私がそう思っていたことを多分親は知らない。
知られたくなかったし。

でもそれって親にとっては辛いことなんだって自分が親になってわかったよ。

Yuki:2005/10/18(火) 20:36 | URL | [編集]

睡眠薬って結構苦しいらしいです。
首吊るの苦しそうだし、
飛び降りは痛そうだし。
冬山で凍死するのが一番楽らしいですが
寒いのが苦手な人には向きません。

私も考えたことはございます。
生きて行く事のほうが難しいのかもしれません。

ぢょーぢ:2005/10/19(水) 08:17 | URL | [編集]

>Yukiさん
5年生の時のいじめって、理不尽だったね。
理由なんかないいじめをする時期だもんね。
Yukiさんに死ぬ勇気がなくて良かったよ。私にもなくて良かった。
だって、死んでたら一緒にカラオケにも行けなかったし、おいしいものも食べれなかった。きっとアタシはル・クルーゼの良さも知らないままだったろうし(まだ実際知らないけど)・・・人生の楽しみのいくつかを共有できなかったモンね。
死ぬ勇気はなかったけど、生きていく勇気はあった。
Yukiさんががんばれるのは、そういう強さがあるからなんだね。

>ぢょーぢさん
睡眠薬は死に損なうと悲惨らしいですね。
考えたことのないひとっているのかなぁ・・・
ネットで集団自殺なんてニュースを聞くと、ひとりで死ぬ勇気はないけど、みんなとだったらこわくないって、変だなと思ったり、でもあの頃悩んでた私の前に、一緒に死のうよって言う人がいたらどうだったろう・・・と考えると、あの頃インターネットやってなくて良かったと思う。
生きていくのって難しい。
でも、楽しいこともたくさんあるよね!

めぐみママ:2005/10/19(水) 23:11 | URL | [編集]

小学校高学年の頃。
本当に小さな理由だけど、ワタシが死んでも誰も悲しまないと思ってた。
リストカットもした。カッターで(笑)
カッターってかなり力入れないと切れないのよね。
怖いなぁと思って躊躇したら、傷ついておしまいだった。
親も友達も信じられなくなったあの頃。
難しい年頃なのね、10歳くらいって。

友達もリストカットしてる人いたし、
自分で自分のクビしめたって人もいたし、
きっとその頃って誰もが一度は思うことなのかも、死にたいって。
死ななくて良かった。
あんなことも、こんなことも出来なかった。
今目の前にいる、二人の子供達に会うことも出来なかったわ。
めぐみママにも。

小学生だから躊躇するんで、これが中高生だと勇気も出て(笑)自殺出来ちゃうのかな。
良かった、死にたいと思った時期が幼い頃で。

うちの子も、そんなこと思う日が来るのかな。
死なないで欲しいな。

マキ:2005/10/20(木) 08:28 | URL | [編集]

私の他にも同じように感じてた人がこんなにたくさん!
やっぱり多感な頃って一度は思うものなのかもね。
でも、全く思わなかったって人も二人いたよ!
ひとりは女性。ひとりは男性。
男性は、思い通りに行かなくて落ち込むときはあっても、死のうとは思わなくて切り替えて自分の都合のいいように考えるんだって。
で、私が死んでも誰も悲しまないって考え方自体が、自己愛に満ちた考え方だってって笑われちゃった。逆を返せば誰かに悲しんで欲しいわけでしょー?って。
かーーーー!!
そう言いたくなるセンチメンタルな部分というか、心の機微を理解できないなんて、あなたの奥さんに心底同情するわって言い返しておきました。
女性の方は、今になって人間関係で苦しんでいるわ。人生の収支は合うようになってるのかもね。

めぐみママ:2005/10/20(木) 19:36 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。