--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

10.11

ありがとぉ

お店に忘れて来ちゃっていた2号へのおみやげ。
歯ブラシ3本入れても合計980円というお値段。
でも、一生懸命選んだものだったので
「着払いでいいので送ってください」と頼んだら、今日届きました。
hachipochu.jpg

でもね、お店が送料を負担してくれてたの(メール便扱いだけ)
アタクシ、超感動しちゃいました。
お店は、hotchpotchというポップな雑貨屋さん。
また買いに行くよ。
2号も「やった~」と言って喜んでいた。
よかった。喜ぶ顔がうれしいやね~。

今日は、学習協力でミシンのお手伝いに小学校へ。
クッションを縫ったよ。
教科書では例として40センチ四方のクッションを例にサイズの紹介をしてた。
「自分が作りたいサイズで布を用意」ってことで出来たらそのサイズに裁断してくるって説明だったらしい。2号も縫い代2センチ分を入れて44センチ四方に裁断して持って行った。
でも、実際は布の「耳」の説明から裁ち目、アイロンの掛け方、まち針をうって布を切る、チャコで印を付けるって言う説明も今日の授業で行った。

子ども達の準備した布を見て、アタクシは色々考えちゃった。
2号のように自分のサイズに切ってきてる子がほぼ半分。
3メートルくらいの布のまま持ってきてる子もいた。
それはそれでいい。
耳を横にしてまち針をうって切る。学習できる。
しかし、すでにチャコで印がしっかり付いて、一回縫ったらしい跡(たぶん手縫い)がついてる子がいた。先生もそれに気がつき、これ誰がやった?と聞いた。
答えは「お母さん」
「全部お母さんがやったの?」
「うん」
「印付けも?」
「うん」
「それじゃ勉強にならないんだけどなぁ・・・」
と先生困った顔だけど40人近くいる児童のうちその子ひとりに構ってる余裕もなく・・・
みんなが四苦八苦して裁断したり印付けしてる横で手際よくミシンをセットし、ちゃっちゃっちゃっと縫い上げてしまい2時間授業の30分経過くらいで完成。
残り1時間半はぼんやり過ごしていたよ。

アタクシの班の3メートルの布のまま持ってきた子も裁断から縫うところまで時間内に完成。満足そうだった。まだこれから中に綿を詰めて、詰めクチをかがり縫いがあるけど、それは来週の作業。

お母さん、どこまで面倒見て、どこから自分でやらせたらいいんだろうね・・・
とりあえず、いいあんばいを探りたいものである。
明日は2号社会科見学。お弁当だ。
スポンサーサイト

子育て雑記
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。