--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

07.21

中学生の揺れる心

先日、中学校の学校保健委員会でスクールカウンセラーの先生に伺った話。

・先生にむかつくことがある
・両親にむかつくことがある
・友達にむかつくことがある
・自分が嫌いになることがある
・友達とうまくいかないことがある
・自分は何も出来ないと思うときがある

蒸気のことで当てはまることがあったら、それは第二次成長の証です。
大人を嫌いになるのが特徴で、他人と自分を比較してコンプレックスを持ったり、友達とトラブルを起こしたりします。
それらとうまくつきあうために
 やるか、やらないのか
 必要か、必要でないか
「判断するチカラ」をつけましょう。
そして、親友でも先輩でも、「相談するチカラ」を持ちましょう。

講演を聞いたあと感じたこと・・・
この相談するチカラ。
ともすると「引きずり落としの心理」が働きます。

「一緒にさぼろうよ。」
「私も万引きしたことあるよ。」
「一回ぐらい平気だよ。」

判断するチカラが大事だなぁと痛感しました。
親のココロも揺れますです。
スポンサーサイト

子育て雑記
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。