--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

09.27

ホームステイ 虎の巻 その1

英語が苦手なことを気にしていると、身振り手振りで何とかなるし、家族同様にしてればいいと言うアドバイスをいろんな方にいただいた。
もちろんEILの体験生はお客様ではない。
でもぉ・・・年齢が若干13才。我が家の1号と同じ年齢だ。
わくわく感と同じ分だけ不安な気持ちもあると思う。
暖かくお迎えするためにも、受け入れ家庭としての準備はきちんとするのは大事と思い、ホストファミリーになるための日常会話をまとめてみた。NOVA男くんに教えてもらったのだ。

◎駅で出迎える
お会いできて嬉しいです Nice to meet you./I am glad to meet you.
ワタシはあなたのホストファミリーの何々です I am your host family ○○
○○と呼んでいいですか? May I call you ○○?
私のことをお母さんと呼んでください Please call me a mam.
車で家まで行きましょう Let's go to our house by my car.
バッグを持ちましょうか? May I take a bag?

◎家に着いたら
ここが私たちの家です Here is our house.
どうぞ入ってください Please come in.
ここで靴をお脱ぎください。 Please take off your shoes here.
ここがあなたの部屋です。 here is your room.
疲れていませんか? Are you tired?
先にシャワーを浴びたらいかがですか? Would you like take shower first?
ごゆっくりどうぞ Please make yourself at home.
洗濯物はありますか? Do you have laundry?
自分で洗濯しますか? Do you wash by yourself?
電話を使いますか? Do you want to use telephone?
座って足を伸ばしてください。私たちはこうしてリラックスします。 Please sit down and stretch you legs.that's way we relax.

食事に関して
親睦を深める会話
別れの時
・・・の会話は、また時間が出来たら。

まだ安心は出来ないが、準備をしておけば落ち着いて対応できる・・・と思う!
おおざっぱなO型とよく言われるが ←(また血液型の話)
あれこれシミュレーションして用意周到にするからこそおおざっぱに出来るのだと思う。

※スペル間違い、こういった表現もあるよと言うのがあったら是非ご一報を!
スポンサーサイト

Host family
トラックバック(0)  コメント(3) 

Next |  Back

comments

我が家も来月ホームステイを受け入れます。
こういうのを探していました!
これはプリントアウトして活用させていただきます!
続きのUPを楽しみにしていますね!!!

epi:2005/09/27(火) 15:13 | URL | [編集]

私も一度 受け入れしてみたいんですが
旦那がね~ 嫌がるのですw
英語が苦手だからですって・・・。
中学生もいるし、いい体験になると思うのにな~^^;
ちょっとうらやましいです。
笑い話、楽しい出来事、受け入れて良かったこと、
ご報告楽しみにしています柱|-^)v

ひなた:2005/09/27(火) 16:02 | URL | [編集]

>epiさん
お役に立てて何よりです。
ほんとに初歩の初歩で
預かるお子さんの顔を見たら舞い上がってしまって
もう、どうにもこうにもブルドッグ・・・
駅前留学したくなりました・・・

>ひなた
そうそう!
我が家もオットが非協力的。
今回は人数が多くて、受け入れ家庭を知人に頼み込まれたもので、とうとう初体験です!
笑い話になるといいんだけど・・・
もう、目が白黒してるよ。

めぐみママ:2005/09/27(火) 23:14 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。